サイト紹介(お問い合わせ) 台場怪奇学校 公式サイト TW幽霊 TWゾンビ  ホラジオ ヒラジオ オバジオ  BBS  YOUTUBE動画 
期間限定イベント 第2弾 「実験室の悪夢〜真相編〜」 告知
齊藤ゾンビです。

2015年12月から開催しておりました期間限定イベントの第2弾が

2月15日(月)

からスタート致します!!


第1弾は、皆さん体験されたでしょうか?
第2弾は、第1弾を体験していなくても楽しめる内容となっておりますので、
是非ご登校下さい!!


第2弾の詳細を下記にまとめましたので、
ご覧下さい。




◆タイトル:
「台場怪奇学校 〜実験室の悪夢 真相編〜」





◆時期:
第2弾 2月15日(月)〜4月3日(日)



◆ストーリー (第1弾、第2弾共通):
もう 40 年以上も前のこと。 その学校では悲惨な事件が起こっていた。
殺人鬼により多くの生徒が誘拐され、帰って来なくなっていたのだ。

捜査の結果、2人の理科の先生が生徒達を誘拐し実験室で密かに人体実験を行っていたという衝撃の事 実が明るみになった。
この時にはすでに何人もの生徒たちが犠牲となり、殺害された後だった…。 

事件の被害者の中には、「ヒトミちゃん」という少女がいた。
生前、彼女は強い超能力を持っていた。
念力で物を動かしたり、人の心の声を聞くことができたりしたと言われている。 
殺害されて幽霊となった彼女は、特殊な力を持つ存在となった。
なんと、「少しの間だけ時空を超えることが出来る能力」を持っているというのだ。
 
今、ヒトミちゃんはここ台場怪奇学校に留まり、訪れる人たちに助けを求めている。

数日前、訪れた人がヒトミちゃんの協力者となり、タイムスリップをした。
その結果、2人いる殺人鬼のうち1人を撃退することに成功。
残るは、あと一人!! 

残りの一人を倒し過去を変えれば、未来も変えることが出来るのだろうか…。



◆ミッション:
台場怪奇学校を訪れたあなたは、ヒトミちゃんの力を借りて、過去(悲惨な事件が起きる直前)の学校へとタイムスリップします。
しかし、ヒトミちゃんの力を使っても、ヒトミちゃんが殺される5分前までしか行くことができません。

あなたはそこで“とあるミッション”を行い、殺人鬼となった先生を倒し、未来を変えてください。

数日前、ヒトミちゃんの協力者がタイムスリップし、2人いる殺人鬼のうち1人を撃退することに成 功しました。
あなたは残り1人となった殺人鬼を倒さねばなりません。
未来は良い方向に変わるか、悪い方向に変わるか分かりません。

そして、くれぐれも殺人鬼に見つかり殺されてしまわないよう、気をつけなければなりません。



◆ミッション詳細:
「実験室にある薬品の容器に別の薬剤を混ぜて有毒ガスを発生させ、殺人鬼を倒せ」

実験室には殺人鬼が人体実験に使用していた薬品がたくさんある。
その薬品に別の薬剤を混ぜることで化学反応がおき、有毒ガスが 発生する。

入口でスタッフから薬剤の入ったカプセルを受け取り、 それを実験室の薬品容器に入れろ!
発生した有毒ガスを殺人鬼が吸い込めば、倒せるはずだ…!

ただし、薬品容器は2つあり、入れることのできる薬剤カプセルは 1つのみ。
入口にある見本をよく覚えて、正しいほうの容器を選べ。
くれぐれも間違えないよう、注意せよ…。






◆特別:
今回のイベントでは、なんとあるメッセージをお化け屋敷内で見つけて、それを特設サイトに入力すると
幽霊のヒトミちゃんからの手紙が読めるらしい!!
詳しくは、特設サイトを要チェック!!





◆ニュースリリース
もっと詳しい情報を希望の方は、下記URLまでご確認ください。

http://obakeland.net/release/Release_2015winter2.pdf



◆特設ページもあります。
http://obakeland.net/2015w/





皆様のご登校、心よりお待ちしております。
| zombie | イベント | comments(0) | - | pookmark |
「口裂け女 in LA」の舞台挨拶に行ってきました。
2016.01.23 Saturday 20:09
齊藤ゾンビです。


2016年1月17日(日)、ヒューマントラストシネマ渋谷の映画館にて
ホラー映画「口裂け女 in LA」の舞台挨拶に行ってきました。

映画館店頭↓


口裂け女 in LA ↓


「口裂け女 in LA」予告編↓


舞台挨拶には、比呂啓監督、廣瀬陽監督、小川和也監督、曽根剛監督、出演者のエイジレオンリーさん、ゲストの秦瑞穂さんと台場怪奇学校ホラープランナーのいわたかさんと一緒に参加させていただきました。


今作品は、日本で有名なあの口裂け女がLAに現れるという話とその他いくつかのホラー作品がオムニバス形式で構成されている作品となっています。

作品中に展開されるいくつかの作品は、ストーリーが全て1つに繋がっており、その点も面白い要素となっております。


ホラーやコメディー、アクション、サスペンスなどいろんな要素のある、そして、いろんな意味で笑かせてくれる不思議な作品でした。
友人と一緒に見に行ったら、観終わった後にいろいろ話で盛り上がる作品かもしれません。



舞台挨拶に戻りますが、久しぶりに人前で話をしたので、緊張しました。

止まっている心臓がバクバクと動いたのに気づきました(笑)。

舞台挨拶の会場に向かうゾンビ(心臓バクバク(笑))





舞台挨拶の様子は、下記サイトから少し見れますので、良かったらご覧ください。
緊張してきょどってるゾンビが見れると思います(笑)。





あと、舞台挨拶後に出演の皆さまと記念撮影をしました。



ゲストの秦瑞穂さんとお話する機会があったのですが、台場怪奇学校にプライベートで遊びに行ったことがあるとおっしゃっておりまして、とても嬉しかったです。
ホラーやお化け屋敷がとても大好きとのことで、ホラー方面でご活躍できるよう応援していきたいですね。


今回は、とても素敵な機会をいただけて嬉しかったです。

今後、ホラー映画ともいろんな関わりを持てていけたら嬉しいですね。


舞台挨拶の様子が「口裂け女 in LA」特設サイトにアップされておりましたので、よかったらご覧下さい。
下記URL先でご覧になれます。


http://www.slitmouthwoman.com/trailer/
| zombie | TVラジオ等 | comments(0) | - | pookmark |
映画『口裂け女 in L.A.』舞台挨拶に!!!
2016.01.16 Saturday 19:21
齊藤ゾンビです。


1月17日(日)、ヒューマントラストシネマ渋谷の映画館にて

映画『口裂け女 in L.A.』公開記念舞台挨拶に齊藤ゾンビといわたかが登壇します!

詳しくは下記URLをチェック!!



http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=29454
| zombie | イベント | comments(0) | - | pookmark |
冬季限定イベント 「実験室の悪夢」 告知
2015.12.04 Friday 16:09
齊藤ゾンビです。

ご無沙汰しておりました。
お蔭さまで台場怪奇学校が忙しく、充実した毎日を送っております。


皆様に告知があります。

12月後半から台場怪奇学校で冬季限定イベント「実験室の悪夢」を開催いたします。

本イベントは、第1弾と第2弾に分けて開催されます。

第1弾に来店できなくても、第2弾は楽しめる内容になっておりますので、
第2弾に来れなかった方でもご安心して下さい。



詳細↓

◆タイトル:
「台場怪奇学校 〜実験室の悪夢〜」





◆時期:
第1弾 12月19日(土)〜2月14日(日)
第2弾 2月15日(月)〜4月3日(日)



◆ストーリー (第1弾、第2弾共通):
もう 40 年以上も前のこと。
その学校では悲惨な事件が起こっていた。

殺人鬼により多くの生徒が誘拐され、帰って来なくなっていたのだ。

捜査の結果、2人の理科の先生が生徒達を誘拐し実験室で密かに人体実験を行っていたという衝撃の事 実が明るみになった。
この時にはすでに何人もの生徒たちが犠牲となり、殺害された後だった…。 

事件の被害者の中には、「ヒトミちゃん」という少女がいた。
生前、彼女は強い超能力を持っていた。
念力で物を動かしたり、人の心の声を聞くことができたりしたと言われている。 

殺害されて幽霊となった彼女は、特殊な力を持つ存在となった。
なんと、「時空を超えることが出来る能力」を持っているというのだ。 

今、ヒトミちゃんはここ台場怪奇学校に留まり、訪れる人たちに助けを求めている。
協力してくれる人たちと一緒に過去にタイムスリップし、現在を変えようとしているのだろうか…。



◆ミッション:
台場怪奇学校を訪れたあなたは、ヒトミちゃんの力を借りて、過去(悲惨な事件が起きる直前)へとタイムスリップします。
しかし、ヒトミちゃんの力を使っても、ヒトミちゃんが殺される5分前までしか行くことができません。

あなたはそこで“とあるミッション”を行い、殺人鬼となった先生を倒し、未来を変えてください。
しかし、未来は良い方向に変わるか、悪い方向に変わるか分かりません。

そして、くれぐれも殺人鬼に見つかり殺されてしまわないよう、気をつけなければなりません。



◆ミッション詳細:
お客様自身にやっていただくミッションは、第1弾と第2弾とで変化します。
それに伴い、内部の演出にも変化があります。


・〜第一弾〜 ミッション:
「実験室でタイミング良く電気のスイッチを操作し、殺人鬼を感電させて倒せ」

実験室に設置されている金網。
そこには、囚われたヒトミちゃんが最後の気力を振り絞って電源コードを繋いだらしい。

殺人鬼が実験室に来た時、タイミング良く電気のスイッチを操作し、金網に結ばれた電線に電気を流 !

そうすれば、殺人鬼は感電して倒れるはずだ…!

電源コードは2本あり、電気を流せるのはどちらか1本のみ。
あなたの選択ですべてが決まる…。 



・〜第二弾〜 ミッション
詳細は後日発表いたします。お楽しみに…。



◆ニュースリリース
もっと詳しい情報を希望の方は、下記URLまでご確認ください。

http://obakeland.net/release/Release_2015winter.pdf



◆特設ページもあります。
http://obakeland.net/2015w/





皆様のご登校、心よりお待ちしております。
| zombie | イベント | comments(0) | - | pookmark |
社会を動かす大きな武器
2015.07.14 Tuesday 07:31
齊藤ゾンビです。


最近、とても思うんですが、

会話力って人にとって一番重要なことだと思っています。


どのように文章を構成して、いかに分かりやすく説得力のある話し方ができるか。


社会にとってこの会話力というのは、
大きな武器にもなるし、防具にもなります。


良い例は、ドラマの“半沢直樹”なんて正にそうですよね。
主人公の半沢直樹は、長けた会話力があってこそ悪いヤツらを倒し、そして、どんどん上に登りつけていく。


そして、現実の話でも、

人々を演説で喚起させ歴史を変える偉業を成し遂げた
“マーティールーサーキング牧師”や“マルコムX”、“ネルソン・マンデラ”などなど。

上記の人物は、会話力(演説)で人々の心を動かし、
歴史を動かすほどの影響力を与えました。


どの時代でも歴史を動かした人物の背景には、
必ず“長けた会話力”というものが存在するんですよね。



他に
最近、テレビタックルでも話題になった、
堀江貴文さん、ひろゆき氏の相手を論破する会話力も話題になりましたね。



相手に有無を言わせない会話力。



言葉・会話力は、相手を奮い起こしたり、または、ねじ伏せたりも出来る力を持っています。

ゆえに、歴史をも動かす力もある訳なんですよね。


世の中を変えられる人や社会の上部に上りつける人は、こういった会話力に長けた人になると思います。



会話力って本当に凄い力がある。

会話力って社会にとって大きな武器になります。


大きな武器になるからこそ、
その扱いには、とても気を付けなくてはならない。


強力な武器を持てば、
調子に乗ってしまう、
横柄になってしまう、
(何でも思い通りになるゆえに)相手のことを気遣うことも出来なくなってしまう、

見失ってしまうものが絶対にある。


最近、それを凄く思ったのが
堀江貴文さんの話をいろいろと知った時です。


堀江貴文さんは、とても頭がきれる方で会話力にも長けて、正にトップに君臨するのに相応しい人物です。

しかし、いろいろと挑んだ大きな挑戦は失敗し、
部下たちに裏切られ結果的に逮捕されてしまう。

堀江さんは、自身でこう言ってました。


「(人を社会を)舐めきってた」


舐めてたからこそ最終的に事業も失敗し、部下たちにも裏切られてきた。
人の気持ちも全然考えてこなかった。

正に“舐めてた”!!


と、逮捕され長い刑務所生活の時に思ったそうです。


刑期を終えて出所した堀江さんは、
その後、人付き合いや相手の気持ちをよく考えて行動するようになり、
周りの方からは変わったねと言われるようになったそうです。


そう変われたからこそ今の堀江さんは、
三国志でいうと
“関羽のような大きな強さ”を持ち、
“劉備のような仁徳者”になり、
多くの人が彼の後ろをついていき、
これからの事業に大きな成功と変革をもたらす人物になるのだろうと深く思います。


ここ数年の堀江さんの出演している番組の話を聞くと上記のことを凄く感じます。



私の周りにも会話力に長けている人たちは何人かいます。
でも、人がついてこなくて悩み、寂しく、辛い思いをしていたのを見たりもしました。

人ってやっぱりそうなっちゃうものなんですよね。
今まである程度思い通りになってきた世界にいると、
気を付けようと思っていても相手を気遣うことが、
出来ないものなんですよね。


しかし、その人は長年辛く悩んだからこそ、堀江さんのように“気付き”があり、今では仁徳のある人にもなりました。


強い武器を持つことは偉大ですが、
それを扱う“心”が悪ければ何も成し得ないってことなんですよね。


会話力って凄いね。




自分は、国語が子供の頃から苦手でしたので、
その影響もあってか会話力は、とても不得意な方だと感じています。

ゆえに、劣等感や損したこと、嫌に思ったことなどありました。


会話力を上げるって難しい。
会話力がある方って子供の頃から長けてるイメージがありますし、
“素質”というものもあるのかもしれません。

しかし、そう割りきってしまうとダメですがね。


社会を生き抜く上では、
この会話力というのは、とても重要です。


是非お子さんがいる方などは、
この会話力というのを意識しながら育てると良いと思いますね。

そして、ちゃんと礼儀や相手を気遣う気持ちも一緒に教えれば、最高ですね。
| zombie | 心理 | comments(0) | - | pookmark |
←back 2/154 pages next→
ブログ内検索
プロフィール
最近の記事もどうぞ!
コメントありがとう
カテゴリー
アーカイブ
関連リンク集
Admin
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
★幽霊ゾンビの書いた本★
電子書籍「快楽怪奇譚」
¥525円

お化け屋敷のホラープランナーが
紡ぐ21話の読むお化け屋敷小説
★幽霊ゾンビの書いた本★

お台場のお化け屋敷の
ドタバタ青春実録エッセイ
恐怖よりも爆笑本と好評。
意外にビジネス書としても!
Mobile
qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM