サイト紹介(お問い合わせ) 台場怪奇学校 公式サイト TW幽霊 TWゾンビ  ホラジオ ヒラジオ オバジオ  BBS  YOUTUBE動画 
メキシコ4日目(死者の日ミスキックの街へ)11/2
2013.11.04 Monday 23:00
平野ユーレイです。


メキシコ4日目!


メキシコでは11月1日と2日は死者の日。
あの世から死者が戻ってくる日といわれています。

今日の目的地は、ミスキックという古い街。
メキシコの死者の日は、ハロウィン文化と合体していろいろな変貌を遂げてきたそうです。
ミチョアカン州パツクアロという街も盛大なイベントが行われるらしいんのですが、ミスキックの街は古くからある風習がそのまま残っているそうで、ガイドさんのすすめでそちらにしました。

ミスキックは、先日、訪問したソチミルコという水郷地帯よりももうちょっと遠くまで、今日もドライブです。


さあ、今日も逝ってみよう!



車で走ること一時間30分。



・・・到着するなり、お姉ちゃんにガン見される。
お姉ちゃんも十分、イカシテルゼ?



屋台が立ち並ぶ路地を行く。何でも売っています。



食べ物に・・



いろんなお面・・・



仮装している人もちらほら。



すげえ、本物のロバ(ポニー?)を使った、メリーゴーランドだ!!



骸骨さんこんにちは。



オバケさんたち、こんにちは!!



すごい!こんなに色とりどりの可愛い骸骨の置物!



あった!!



教会だ!



サン アンドレス ミスキック教会。




さざえさんみたいな、構図!


みんなが笑って ルー!!




人だかりになってしまうので、ささっとでしたが、お参りをしました。



私が、見えますか?手を振っています!



中庭には、装飾が。




足湯? 水が張られています。
死者が飲むものなんでしょう、きっと。



わ、人骨だ!



よくみると、こっちも人骨!


墓地へ入りました。



ひときわ大きな、無縁仏のお墓です。



安らかに、お眠り下さい。



おおっと、こっちも人骨。



しゃれこうべ!!



まず、目を見張るのが、色とりどりに花で飾られたお墓
オレンジ色の花はマリーゴールド。死者の日の飾り付けにおいて代表的な花。
その他いろいろな花が使われる。



ろうそくは死者が迷わずに戻って来られる為。
これって日本の迎え火と同じですかね?



それにしても、可愛い。



まるでアートですね。

★インタビューさせて頂きました。↓↓↓↓



★インタビューさせて頂きました。↑↑↑↑

 ありがとうございました。





びっくり!
フランケンさんに出会いました。握手!



仮装したちびっ子にとも会いました。
日本でこんな格好でお墓参りしたら怒られそう。
これはもう、文化の違いというしかありません。




骸骨貴婦人のカタリーナさんと。
昔画家さんが描いたカタリーナという骸骨貴婦人はいまや、メキシコでは超有名骸骨。

日本で言う、お岩さんとかお菊さんとか、今で言う貞子さん??

とにかく人気の骸骨さんで、女性の多くの方がカタリーナになりきります。




シックな、カタリーナさん?





わおーん(狼)








夜になりました。



ライティングされた教会がとても幻想的です。



昼間の5倍は人が居ます。凄い混雑です。
お墓参りの人と、見物人で、身動きが取れないほどです。



あちこちで、ろうそくとお香が焚かれます。
コパルという原料から香はできているそうで、アステカやもっと昔から変わらない材料だそうです。



結構、煙がすごいです。風が止まると、火事みたいになります。



花束。



ろうそくに火を。



ユーレイ的にはろうそくの横を通るたびに、
髪の毛が燃えそうで、なんどもひやひやしました。



祈る人。



歌をささげる女性たち。
終わると、周りから暖かい拍手が起こりました。




「人間ていいな」


ぽつんと、佇むユーレイに誰かが言いました。




「へい、アミーゴ(友達)!何しょんぼりしてるんだ、」

「死んででも、生きてても、あなたがどこの誰だって関係ないわよ」


・・・とスペイン語で、いったのかどうか知りませんが。



とにかく、花を飾り、歌い、大勢で明るく元気に故人を偲ぶこの死者の日は、本質的には日本のお盆と変わりませんでした。

いくらどくろを飾っても、おばけに変身しても、人間にとって死後の世界はわからないから、怖いものは怖いはずです。そして愛する人や家族、知人との別れは辛く悲しいものです。この日は、そんな恐怖から逃れる為に生み出された風習なんだなと思いました。

世の中は怖いものだらけ。
「怖いものを避ける」
「怖いものを怖いと認めない」

ではなくて、

「怖いものと友達になる」

極端に言うと、そういう事なのかなとユーレイは思いました。
今日は、メキシコ人の純粋かつ威勢のよい気風と、家族愛の深さを感じました。
まあ、これは、ユーレイの感想です。本当のところはわかりませんし、数日で何がわかるんだといわれたらそれまで。でも、実際に感じたことであります。



帰り道。

メリーゴーランドは輪廻のように。


子供たちを乗せて回り続けていました。

何周回ったのかな?



こうして死者の日はふけていきました。


・・・さて!


お仕事終了!!




一路、メキシコシティに戻ったユーレイは、クラブに行きました。



ゾンビコンテストに出るためです。



ガイドさんから、スタッフさん(怖い!)に頼んでエントリーします。




出場者勢ぞろい!! って、5人しかいない!
しかも、ゾンビといえる人は、いないんですけど?



「優勝は、ピエロ!」

「準優勝はユーレイ!」

「3位は姉ちゃん!」


結果発表、早っ!


もう終わりかい!?w




とにかく飲みますかね。ピエロさん。
4日目は書ききれなかった事が沢山有るので、番外編にこうご期待。

お読み頂き、ありがとうございました。

JUGEMテーマ:旅行

この日記は11/2のものです。
| obakeland | 世界徘徊紀行 | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
ブログ内検索
プロフィール
最近の記事もどうぞ!
コメントありがとう
カテゴリー
アーカイブ
関連リンク集
Admin
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
★幽霊ゾンビの書いた本★
電子書籍「快楽怪奇譚」
¥525円

お化け屋敷のホラープランナーが
紡ぐ21話の読むお化け屋敷小説
★幽霊ゾンビの書いた本★

お台場のお化け屋敷の
ドタバタ青春実録エッセイ
恐怖よりも爆笑本と好評。
意外にビジネス書としても!
Mobile
qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM