サイト紹介(お問い合わせ) 台場怪奇学校 公式サイト TW幽霊 TWゾンビ  ホラジオ ヒラジオ オバジオ  BBS  YOUTUBE動画 
ミュージカル
2012.09.13 Thursday 20:50

齊藤ゾンビです。


ずっと前になりますが、来日ブロードウェイ・ミュージカルの「イン・ザ・ハイツ」というミュージカル作品を観に行ってきました。

この作品のストーリーをざっと言うと、



「マンハッタンの最北端に位置する中南米系移民が多く住むワシントン・ハイツに住む住民たちが織りなすヒューマンス・ドラマ」



といった感じでしょうか。



感想は、大変素晴らしくて感動した!!って感じです。

もうねぇ、ミュージカルは、「感動した!!」の一言しか言えないです(笑)。



過去にもミュージカル観劇のブログを書いたことがありますが、ミュージカルは、いろんなエンターテイメントの中で1番大好きなジャンルです。

もしも、生まれ変われるのだとしたら、子供の頃からダンスや歌のレッスンを受けて、ブロードウェイ・ミュージカルの舞台を目指す人生を送りたいと思っているほどです(意味分からないですね(笑))。

とにかく、ミュージカルが本当大好きなんです。




ミュージカルの凄いところは、役者さん達の歌唱力は凄い〜の、音楽は生のオーケストラで大迫力あり〜の、舞台セットは豪華〜の、照明や演出が凄い〜ので、劇場内の臨場感は本当凄い〜のですよ。



私が初めて観たミュージカルが「RENT」という作品。



今では、映画化もされてかなり有名になりましたが、私が観に行った時は、初来日公演の約13年前なので、当時は、知っている人が全然居なかった時です。

雑誌「ぴあ」を読んでいたら
「ブロードウェイ・ミュージカル“RENT”遂に来日!!」
という記事を読んで

”ミュージカルかぁ。本場のミュージカルってどれほどのものなんだろう?(上から目線(笑))”

と思って観に行ったのがきっかけです。


初めてのブロードウェイ・ミュージカルは、ヤバかったですよ!!

“初めて” ということだったからだと思いますが、心に受けた衝撃はもの凄かったです。

始まって2〜3分で泣いちゃいましたからね。

“泣く” っていうのは、映画を見て悲しくて感情移入して泣くとかではなく、 “感動して泣く” という意味の“泣く”です。

“感動して泣く” なんてその時が、人生で初めての体験です。

なので、その涙は、とても不思議なものでした。


皆さんは、経験あるでしょうか? “感動して泣く” ということを。

滅多にあることではないと思います。


私は、ミュージカルを見て感動して泣いてしまいましたが、そんんあことは、私だけなのかなと思っていたのですが、どうやら私と同じ体験をした人は、結構いるということを知り、驚きました。


「本場ブロードウェイのミュージカルは、本当に凄いから1回でも良いから観に行ってみようよ!!」

と超オススメして一緒に「CHICAGO」を観に行った友人が居ます。



観終わった後に 「どうだった?」 と尋ねたら、始まって1曲目で、ミュージカルの圧倒的な凄さに感動して泣いたと言っていました。

「自分だけじゃないんだ!!」と思ってその時は、驚きました。


またある時は、仕事場の近くの人で、ミュージカル好きという方が居て、ミュージカルの話で盛り上がった時に、感動して泣くという話をした時に、

「僕もね泣いちゃうんだよね。」

と話されていて、「まさかここにも!?」と驚きました。

「泣いてしまう」話でその方が話してくれた持論がとても興味深くて覚えていることがあります。

その人曰く、「感動する」ということは、こういうことなんじゃないかと話してくれました。


「人って何かを観る時は、必ずどういうものか想像して観るでしょ?

大体こんな感じかなって。

でも、実際に観た時、それが自分の想像を超えたモノだった時はその驚きが “感動” になるんだと思うんだよね。」


と話してくれた時は、凄く納得出来ました。


「感動」を辞書で調べてみると、

=「ある物事に深い感銘を受けて強く心を動かされること。」

んで、「感銘」という言葉も調べてみると

=「忘れられないほど深く感動すること。心に深く刻みつけて忘れないこと。」


と書いてあります。


要するに「忘れられない程の出来事」ということですよね。


人が、想像出来ることは、想像出来る範囲であって、論理的に考えて新鮮な「驚き」というものは感じられないものだと感じます。

しかし、「想像を超えるもの」は、正に「新鮮な驚き」そのものを感じられるものですよね。


ミュージカルは、海外の作品しか見たことありませんが、やっぱり本場ブロードウェイで認められた世界レベルの作品というのは、想像の域を超えますね。

人は、自分の想像の域を超えたものに遭遇した時、「感動」というものを体験するものだと思います。

ミュージカルを観る時は、毎回「感動」の連続で、毎回涙が出そうになります。
「なんて凄いんだぁ!!」
っていう感覚で涙が出そうになるなんて相当なものですよね。



お化け屋敷でも「恐怖で泣く」ではなく、「感動して泣く」お化け屋敷を作ってみたいですね!!


めざせ「感動」!!!

| obakeland | ミュージカル・ショー・舞台 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
ブログ内検索
プロフィール
最近の記事もどうぞ!
コメントありがとう
カテゴリー
アーカイブ
関連リンク集
Admin
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
★幽霊ゾンビの書いた本★
電子書籍「快楽怪奇譚」
¥525円

お化け屋敷のホラープランナーが
紡ぐ21話の読むお化け屋敷小説
★幽霊ゾンビの書いた本★

お台場のお化け屋敷の
ドタバタ青春実録エッセイ
恐怖よりも爆笑本と好評。
意外にビジネス書としても!
Mobile
qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM