サイト紹介(お問い合わせ) 台場怪奇学校 公式サイト TW幽霊 TWゾンビ  ホラジオ ヒラジオ オバジオ  BBS  YOUTUBE動画 
ラッパー稲川淳二?
2010.10.22 Friday 19:11
齊藤ゾンビです。


遅くなってしまいましたが、今年の8月下旬に稲川淳二さんの怪談ライブ「MYSTERY NIGHT TOUR 2010 稲川淳二の怪談ナイト」を観に行ってきました!!

 

怪談ライブは、子供の時から観に行こう行こうって思っていたんですが、いつも売り切れになっていたり、気が付いたら終了していたりで、今までに一度も行けないでいました。

そして、今年こそは「行くぞ!!」と思い、遂にチケットを手に入れて行ってきました。

都内では、一日だけの公演だったのにもかかわらず、舞台セットがとても凄かったです。

小さな舞台に川や丘や橋など昭和の田舎を思わせる雰囲気が漂うとても素敵な舞台セットでした。

照明の色や明るさを調整して、朝・夕・夜の雰囲気をうまく表現していて、怪談話の雰囲気に合わせて変化を加えていました。



夜の雰囲気になると、川辺に蛍が飛んでいたりなどしてとても綺麗でした。

蛍が一匹だけ異様に動きが早く「もしかして、アレは、幽霊!?」なんて思い、話より蛍が気になってしまった瞬間もありました(笑)。

怪談を聞くだけではなく、いろんな工夫があってとても楽しめました。


そして、怪談ライブで一番印象に残っていたのは、稲川さんが入場してきた時のことです。

稲川さんには、コアなファンが多いのですが、その日も前方の席に多くのファンが座っていたようで、淳二さんが入場してきた途端に

「淳二〜〜!!」 「淳二〜〜!!」

と低い声の声援がたくさん響いてました。

その声援は、全て男性の声で、女性の声援が一つもなかったのには、不思議な光景でした。

稲川さんは、同性から凄く人気があるんだなと感じました。

来ていたお客さんも比較的男性が多かったと思います。

稲川さんは、ファンの方達の声援にお礼をずっと言っていました。

ファンの方は、公演に何度も足を運んでいる様子で、稲川さんも

「顔を知っている方が何人も来られていますね。
ありがとうございます。」

とおっしゃっていました。

本当低姿勢で謙虚な方で、本当素敵な方だなと感じました。

又、男性から人気が高いというのには、とても印象的でした。


あともう一つ印象に残っていることがあります。

ライブ会場には、いろんなグッズが売っているんですが、私は、そのグッズの稲川さんの顔がプリントされた「うちわ」と「タオル」と「トランプ」を買いました。


記念品好きなので、こういうのをよく買ってしまいます。

記念品を買って、会場に入り席に座って始まるのを待っていました。

待っていると隣の席に知らない男性二人組が座りました。

私は、気にせず時間の経過を待っていると隣の男性が先ほど買ったと思われる稲川さんグッズを物色し始めました。

私は、何気なく横目でみていたんですが、その男性は私も購入した「稲川タオル」を取り出しました。

そして、封を開け、タオルを取り出し、絵柄などを見てその後にタオルのにおいを嗅いでいました。

するとその男性は、隣に座っている友人に

「おもしろい匂いがする!!」

といって友人にも嗅がせていました。

その友人もまた

「おもしろい匂いがするな。」

と返事をしていました。


“おもしろい匂い”!!って何!??(笑)

と心の中で突っ込んだ私は、一緒に来ていた友人に耳打ちしながら、その時の会話のことを話したら、その友人も聞いていてお互いに

「“おもしろい匂い”って何?」

と半笑いをしつつ困惑しました。

私は、いてもたってもいられなくなり、さりげなく先ほど買った「稲川タオル」を取り出し、さりげなく封を開けて、そのタオルを取り出し、さりげなく匂いを嗅いでみました。

「あっ…、おもしろい匂い!!」

そのタオルの匂いは、どう表現したら良いのか分からない、不思議な匂いをしていました。

表現するとしたら、“おもしろい匂い”としか言えないとても不思議な匂い(笑)。

匂いを嗅いだ後に友人に

「本当に“おもしろい匂い”だわ。」

と半笑いの友人に渡すと友人も

「“おもしろい匂い”だ(笑)」

その友人もまた“おもしろい匂い”としか表現できないと言っていました。



稲川淳二は、タオルにまで怪談のこだわりを見せるとは、恐るべし!!

問題のタオルはこちら↓


という感じの怪談ライブでした(笑)。

稲川さんの怪談は、全て面白かったですよ!!でも、タオルの印象が強すぎ(笑)。


そういえば、2年前だったと思いますが、仕事関係で過去に1度だけ稲川淳二さんにお会いしたことがあります。

稲川さんのDVD発売イベントの舞台挨拶付きの上映会に招待されまして、その時に稲川さんの楽屋に入らせてもらえました。

稲川さんは、とても謙虚な方で人間としてとても素敵な方でした。

又、その時、プライベートでも本当に怪談を話すのが大好きな方なんだなと感じたエピソードがあります。

お会いした時に私のゾンビ名刺を差し出すと受け取った瞬間に

「私はね〜、ゾンビは見たことないけど、キョンシーなら見たことあるんだよ」

と話し出し、ずっと怪談話を話してくれました。

その時、本当に怪談を話すのが好きな方なんだなと感じました。

そして、マネージャーの方が制止するまで、ずっと怪談を聞かせてくれて、お会いした時の記憶は、怪談を聞いたということしか覚えていません(笑)。

でも、本当に素敵な方だということは、凄く凄く感じました!!

お会いしてからは、さらに稲川さんのファンになりました!!

その時に撮った3ショットです。


ちなみに上映会には、多くの観客が来てまして、初めて稲川さんのDVDを大勢で観るという体験をしました。

DVDの内容は、心霊スポットに稲川さんとアイドルが行きレポートをするというもの。

普通のイメージでしたら、上映されている会場内は、みんな恐がっている雰囲気をイメージすると思うんですが、実際は、大爆笑の連続でした。

とにかく稲川さんの大げさなリアクションとコメントが面白いんです。

アイドルの方をとにかくあの稲川節で恐がらせるんです(笑)。

その光景が不思議と凄く面白くてわらっちゃうんですよね。

DVDの中でも稲川さんは、最高でした!!



あと、最近、稲川淳二さんの凄すぎるラップを見つけました!!

やばすぎます!!凄すぎます!!

ニコニコ動画にあった一般の方が勝手に製作したMAD動画なんですが、クオリティーの高さとセンスが凄いです。


また、稲川さんの大げさでテキトウなコメントの良さが全面に良い具合に出ていて、いろんな意味で稲川さんの持ち味・良さを全て出し切っている名曲だと感じます!!

一日一回は、見てしまう名曲を是非見て・聞いてみて下さい。

オープニングからしてヤバイです!!

私のオススメは、60秒からの擬音ラッシュがヤバイです(笑)。

いつもそこから爆笑してしまいます(笑)。

あとは、見たら分かりますが、

「たぶん、たぶん、たぶん」や

「パーティーしてるんだよ」

「角煮」

「いる、いる、いる、いる、いる、WILL」

とかもヤバイです。



の口癖は、
「ハイクルシーサー、シラナイサー」
です(笑)。
| obakeland | ミュージカル・ショー・舞台 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2011/01/23 7:55 PM posted by: 齊藤ゾンビ
秋元さん、お久しぶりです!!
コメントありがとうございます!!

添付の動画、爆笑でしたか!!
良かったです!!
疲れた時には、毎回観て下さいね!!(笑)

爆笑問題の深夜ラジオに稲川さんをネタにしたコーナーがあるんですか!!
これは、凄く凄く気になります!!
調べてみて、今度聞いてみようと思います!!
稲川さんは、ネタの良いスパイスになりますね(笑)。

「快楽怪奇譚」を作っている時にこの動画に出てくる作品をご覧になっていたんですね。
稲川さんの作品は、作品作りに良い刺激・良いインスピレーションが得られそうですよね。
私もこの動画に出てくる作品を何本か観たことがあるんですが、稲川さんのオーバーなレポートには、恐怖を通り越して面白みを感じてしまいます。
稲川さんは、素敵な存在ですね。

コメントとラジオの情報ありがとうございました!!
また御家族で遊びに来て下さいね!!
【2010/10/23 9:56 AM】|
2011/01/23 7:54 PM posted by: 秋元一剛
ご無沙汰しております。稲川さんの怪談イベント、鑑賞したんですね。羨ましいです。
 添付の動画、爆笑しました。爆笑問題の深夜ラジオで稲川さんをネタにしたコーナーがあるの、ご存知ですか? 徹夜の作業があるときなどに一度聴いてみてください。
 動画に登場する稲川さんはちょうど『快楽怪奇譚』を作っているときにYahoo! 動画で観ており、懐かしく思いました。
【2010/10/22 1:37 PM】 |
name:
email:
url:
comments:
ブログ内検索
プロフィール
最近の記事もどうぞ!
コメントありがとう
カテゴリー
アーカイブ
関連リンク集
Admin
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
★幽霊ゾンビの書いた本★
電子書籍「快楽怪奇譚」
¥525円

お化け屋敷のホラープランナーが
紡ぐ21話の読むお化け屋敷小説
★幽霊ゾンビの書いた本★

お台場のお化け屋敷の
ドタバタ青春実録エッセイ
恐怖よりも爆笑本と好評。
意外にビジネス書としても!
Mobile
qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM