サイト紹介(お問い合わせ) 台場怪奇学校 公式サイト TW幽霊 TWゾンビ  ホラジオ ヒラジオ オバジオ  BBS  YOUTUBE動画 
[SAITO∞REAL方式]とは?
2008.08.19 Tuesday 08:59
齊藤ゾンビです。

世界で「台場怪奇学校」だけでしか搭載されていない「SAITO−REAL方式」とは、4年の歳月を費やし編み出された究極の恐怖演出方法です。



先日、日本テレビ「ナイナイプラス」という番組でも紹介させていただきましたが、3×4mの小さな空間でも、とても怖いお化け屋敷を創れるということを実証させていただきました。



「SAITO−REAL方式」のテーマは、「REAL(本物)」です。

人や機械に脅かされたというより、本物の幽霊に遭遇した・本物の心霊スポットの雰囲気を感じさせるような「REAL」をとことん追究した演出になっております。

私、齊藤ゾンビは、昔からこのような「REAL」なお化け屋敷を創るのが夢で、実話を基にした怪談や心霊映像・心霊写真などなど、「本物」を見て・知って、それをどのようにしてお化け屋敷で演出出来るか考えてきました。「REAL」を表現するのは、とても難しいことです。
しかし、試行錯誤と追究の末に辿り着いたのが「SAITO−REAL方式」です。
体験した人の中には、本物の幽霊に遭遇した・本物の心霊スポットの雰囲気を感じる・今まで入ったお化け屋敷とは、全然違う、といったコメントを多数いただいております。

[SAITO−REAL方式]、今日は、そのいくつかの要素を紹介しようと思います。



1:暗闇(DARK)

暗闇は、何も見えないことから、人の想像力を駆り立たせる効果があります。
想像力の増幅と恐怖感とがあいまって、自分の一番恐ろしいものを暗闇の中に自ずと想像してしまい、自分で最大の恐怖を創り上げてしまうという効果を出します。




2:使命(MISSION)

お客様に使命を持たせることで、お化け屋敷が創り上げる世界観の主人公になった気分になります。
その意識の変化は、お客様に緊張感と真剣味を持たせる効果を出します。
お化け屋敷の空間を最大に楽しませる要素と言えます。




3:生音(LIVE SOUND)

例えば、スピーカーから流れる音は、嘘の音です。
機械を経由して流れる音は、必ずどこか機械音ぽく聞こえてしまい、リアリティ―を損なわせることになります。
しかし、その場で鳴らす音、即ち、壁を叩く音・足音の音・自分の声などなど、その場で行動を起こして鳴らす本物の音は、生音になります。
生音は、リアリティ―を増幅させ、リアルな空間を創り上げ、より一層の恐怖を引き立たせることが出来ます。
本物に勝る恐怖はありませんからね。




4:変化(FEED BACK)

子供や大人、男性や女性、人それぞれ怖がるポイントやタイミングが違います。
視線や歩き方・会話の内容・ライトの照らし方・顔の動きなどなど、それら全ての動きからお客様の精神状況や性格を判断して、ベストなタイミングで恐怖を与えます。
常にその人自身のタイミングに恐怖を変化させることで、恐怖の質を最大限に向上させることが出来ます。



他にも、「相手に姿が見えない技」や「お客様の行動をコントロールする技」や「恐怖を感じる[声]の出し方」や「無音の恐怖演出」などなど、他にもたくさんの手法があります。これらは、全て何年もの歳月の末に編み出してきた実践の賜物です。

他のお化け屋敷には無い唯一無二の最恐の恐怖演出の手法なので、これからこの[SAITO−REAL方式]を世に広めて行き、お化け屋敷界に新たな旋風を巻き起こせたらなと思っています。
日々精進を忘れずに、これからも、自分の目標の為に頑張っていきます。

皆さん、「台場怪奇学校」をこれからも宜しくお願い致します。

| zombie | SAITO−REAL方式 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
ブログ内検索
プロフィール
最近の記事もどうぞ!
コメントありがとう
カテゴリー
アーカイブ
関連リンク集
Admin
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
★幽霊ゾンビの書いた本★
電子書籍「快楽怪奇譚」
¥525円

お化け屋敷のホラープランナーが
紡ぐ21話の読むお化け屋敷小説
★幽霊ゾンビの書いた本★

お台場のお化け屋敷の
ドタバタ青春実録エッセイ
恐怖よりも爆笑本と好評。
意外にビジネス書としても!
Mobile
qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM