サイト紹介(お問い合わせ) 台場怪奇学校 公式サイト TW幽霊 TWゾンビ  ホラジオ ヒラジオ オバジオ  BBS  YOUTUBE動画 
取材をされる側から、する側に立ってみて。
2006.11.06 Monday 10:48
最近は学園祭でお化け屋敷をする学生たちに取材する毎日。あらかじめ質問事項を決めているのだが、予想できる普通の答えが多く、なかなか目指す内容の記事になりそうにない。それが焦りとなり相手もリラックスできないまま無駄に時間がすぎていく事が多いように感じる。このままじゃいけないな。
電車にのり、ふと広告に目がいった。『働きマン』テレビ化もされるらしく人気だそうでモーニングに連載されているマンガだ。気になってマンガを購入。…面白い。編集の仕事に命をかける女とそれを取り巻く人たちの話なのだが毎回一人にスポットをあてて仕事を通じていろいろな人間模様をえがきだしている。初めはニートや格差問題などでやる気のなくなってしまった人によませたいな、なんて高みから見ていました
しかし1巻をよみ終わって、自分に問うてみました。『自分は一生懸命か?』取材する事は本職ではない。しかしやる以上はもっと真剣にやるべきではないかと気付いた。少なくとも取材相手の名前もおぼろげな状態で相手が心を割って話してくれるわけがないのだと。今日も頑張ります。
P.S.でも私は、非常に記憶力が悪いんだった(笑)
| ghost | 取材 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
ブログ内検索
プロフィール
最近の記事もどうぞ!
コメントありがとう
カテゴリー
アーカイブ
関連リンク集
Admin
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
★幽霊ゾンビの書いた本★
電子書籍「快楽怪奇譚」
¥525円

お化け屋敷のホラープランナーが
紡ぐ21話の読むお化け屋敷小説
★幽霊ゾンビの書いた本★

お台場のお化け屋敷の
ドタバタ青春実録エッセイ
恐怖よりも爆笑本と好評。
意外にビジネス書としても!
Mobile
qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM