サイト紹介(お問い合わせ) 台場怪奇学校 公式サイト TW幽霊 TWゾンビ  ホラジオ ヒラジオ オバジオ  BBS  YOUTUBE動画 
開校!東京恐怖学園〜地下室〜 その2 EZSTAY台北 西門館

平野ユーレイです。
 
そういえば、もう、台湾には10回以上行っています。
滞在場所もいろいろですが、一番お世話になったのが、
EZSTAY というゲストハウスです。

なんと、日本人が経営者。
お客さんも日本人が多い。

http://www.ezstaytaiwan.com/jpn.htm

2013年には長期の滞在だったため、 ezstay taipei 2 西門館 という別館にお世話になりました。



飾らない台湾がここに!!


ここには留学生さん達が沢山いらっしゃいました。
学生に戻った気分。
週末の夜になると、鍋パーティなど、みんなで何かを持ち寄って、楽しく語らっていました。
僕らはというと。。。

忙し過ぎて、ご一緒できませんでした。
何度も誘って頂いたのに、申し訳ありませんです!!


近隣の大学にフライヤーを置いてくれたり、ポスターを貼ってくれたりして、とても親切にしていただきました。

東京恐怖学園にいきたいので、台湾に行くにはどうしたら?というお客さんもいらっしゃいます。でもやっぱりその為にパスポートを取るとか、なかなか敷居が高いですよね。

でもね、世界は広いですよ。(良い意味でね)
そして行ってみたら以外に狭いですよ。(良い意味でね)


 台湾は、いい国ですよ!



HISさんにいつもお願いしていますが、ツアーでホテル込みでも良いけど、ホテルが日本語がOKとは限りません。

フレンドリーなほうがいいなら、EZSTAY、検討してみてはいかがですか!

その際には、お化け屋敷の平野ユーレイから聞きました!と言ってみてくださいね。w



| obakeland | 海外進出(台湾) | comments(0) | - | pookmark |
開校!東京恐怖学園〜地下室〜 その1
2013.07.31 Wednesday 22:07
ご無沙汰してしまいました。
平野ユーレイです。

夏です!お化け屋敷ですよ!

台場怪奇学校の協力の元、幽霊ゾンビが、企画、監修させていただいた、東京恐怖学園!!

なんと、もう7月5日に開校しています!

あ、一ヶ月くらいたっちゃった!ごめんね。



そして無事に帰国しています。
いやー生きて帰れて良かったー。(幽霊ですが)

心配してくださった方、どうもありがとうございます。

HPはこちらです。 http://www.ghoststory.com.tw/

FACEBOOKはこちらです。

さて、

今回の東京恐怖学園、テーマは地下室!




入口から雰囲気満点。



・・・カッコいいポーズ取ってみました。

ここで、「いきたくない!」と泣き叫ぶ人続出!

・・・幽霊ゾンビは実際には居ませんよ。

さて、皆さんは、どんなお化け屋敷なのか?
気になりますよね?

うーん、中の事は、今、開催中につき話せませんが、じゃあ概要だけ!

このお化け屋敷、二つ用意されています。
A館は、狂人と化した、先生が襲ってくるという噂です。
B館は、その先生に殺された生徒の霊が待ち受けるとか。。。



は〜い、おしまい!!w
いやー、怖い! 
いやー楽しそう!



え、それじゃ、わからないって?? じゃ、ちょっとだけね。



黄色いお札がびっしりと。 台湾のお札、黄色いんです。
つまりガチですよ!!
こんなにお札貼らないといけないなんて、一体何が封印されているんでしょうね。



あと、こんなの。
読んでみたら、すっごく嫌な事が書いてある〜!!!w


はい。


この夏、台湾に旅行に行かれる方。
宜しければ、チェックしてみてください。
台北市の西門町(シーマンディン)のNEOWESTというビルの5Fです。
UNIQLOの近くのビルです。
鬼屋(グェイウー)、東京恐怖学園と言って探せば、きっと見つかるはずっ!




OPEN初日の記者会見には、私と、相方の齊藤ゾンビも出席(乱入?)

今年もやっぱり、齊藤さんは、テレビには、モザイクでしか映れない・・・。
また伝説を作ってくれました。w



しかしですね、一言ずつ、コメントしたんですけど、ニュースやら新聞では省略されますね。
残念。
しかし、せっかく、【I LOVE TAIWAN!!】 
って、ロックバンドみたいに締めくくったのに。w



新聞はモザイクは大丈夫みたいです。


では次の記事では、ちょっとだけ裏話を書きますね!

無事に開校できたのも、ファンやスタッフ、お化け、そして関係者の皆様に感謝します。
ありがとうございます。


主辦單位:大國翼星 企劃製作:東京恐怖學園、台場怪奇學校、大國翼星 協辦單位:量能文創、LIVE LIFE、就是娛樂 合作單位:GATSBY、SQUAD、neoWEST 售票:華娛售票系統 官方FB:東京恐怖學園 購票方式:現場購票 地點:台北西門町neoWEST 5樓 期間:2013年07月05日至09月17日 營業時間:12:00 – 22:00
| obakeland | 海外進出(台湾) | comments(0) | - | pookmark |
台湾でのお化け屋敷製作の様子
2013.06.13 Thursday 05:35


 平野ユーレイです。

台湾では、携帯を使いたくない。
だって海外だよ、高いし!
定額のプランでも高いよ。

ということで、夜中に、WIFIでアップロードしています。
ブログを書きたいんですが、なかなか荷が重いので、ツイッターに適当にアップします。

よかったら、ツイログをご覧下さい!

http://twilog.org/hirano_ghost2

では〜!
お化け屋敷「東京恐怖学園」のOPEN7月5日を、目指してがんばります!
| obakeland | 海外進出(台湾) | comments(0) | - | pookmark |
閲覧注意:東京恐怖学園CM(完全版)
2011.07.13 Wednesday 14:43
 平野幽霊です。

東京恐怖学園のTVCMの完全版を公開します。
これはさすがにテレビでは流せない、うん流せない。汗。

ホラーです。グロです。血です。閲覧注意でお願いします。



今年も、無事にOPENできてよかった。

また一ヶ月位したら遊びに行こう。


http://www.ghoststory.com.tw/


こんなお茶目な、宣伝方法もありですか。笑
ヤミコちゃんが。。。

| obakeland | 海外進出(台湾) | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
近況報告(台湾のKさん達と温泉)
2010.09.11 Saturday 00:37
平野幽霊です。

日記がたまっているので、近況報告として、5連発くらいで書きたいと思います。

まず、先日、台湾にて開催の「東京の恐怖學園」でのお仕事でお世話になった通訳のKさんが観光で来日されたので、接待がてらお台場の「大江戸温泉物語」にお連れしました。

その前に、東京の恐怖學園の未公開写真、どーん!



東京の恐怖學園は台湾の台北市に開催したため、運営サイドへの指導や、当然のごとく台湾人の教員を新規採用したため、通訳や翻訳が欠かせない仕事でした。それを支えてくれたのが、Kさんでした。

彼女は日本大好きで、何度も来日されていて、私たちよりも日本をあちこち旅されていて、日本のことも詳しく。。。もっと自分の国のことを勉強しようと思いましたね。汗

今回、Kさんは妹のSさんと共に、日本のいろいろな場所をめぐるさなか、東京にも遊びに来ていただいたので、シェリー先生達が、東京で開催されているいろいろなおばけやしきを案内してくれたようです。私は用事で行けなかったので助かりました。
赤坂のリンカーンお化け屋敷、東京ドームシティの足刈りの家、そして台場怪奇学校ヤミコの呪いにも来ていただきました。

台湾に作ったお化け屋敷に比べたらどれも小さいですが、それぞれの日本を代表するようなお化け屋敷で、特徴があって楽しめたんじゃないかと思います。あ、大きさだけじゃなく、恐怖學園もすごいんだぞ!

そして、大江戸温泉では私も合流し、、、



ゾンビさん、デス子さん、Kさん、Sさん、シェリーさんと幽霊の6人でございます。

刺身や寿司を食べたり、浴衣で忍者と戦ったり、温泉でゆったりした後は麦酒で乾杯と楽しいひと時を過ごしました。就寝前には6連マッサージ機で理ラックスしてから休み、翌朝は朝風呂と温泉を満喫した黄門様ご一行でありました。(違うね)

Kさんどうもありがとう。

さて、次の近況報告は、、、、
リタイヤ率60%を誇る伝説のお化け屋敷「浜松怪奇学校」が突然の閉校と言う事で、急遽出張してきました。一体何が起こっていたのか、アキラ(主役の幽霊)や、召喚をする先生たちは無事なのか、気になるヤミコの行方は!? ということで次回もお見逃し無く。




| obakeland | 海外進出(台湾) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
台湾日記 OF THE ZOMBIE 「後半」
2010.08.19 Thursday 02:04
そして、「九分」を満喫し、激しく揺れるバスに乗り台北へと戻りました。

その頃には、もう夜になっておりまして、夕食を食べに行きました。

またも、通訳さんが案内してくれまして、私の「ショウロンポウが食べたい」というリクエストの為においしいショウロンポウが出てくるお店に連れてってくれました。

凄く感謝です。

夕食は、こんな感じです。



やっぱりねぇ、台湾の食べ物は、凄く美味しいです。

日本とは、何か違うんです。

本当食べ物がおいしいんですよ!!!

本当幸せでした。

食べ終わった後にお店の周辺を探索するとこんな看板を発見しました。



「ブリソ」です。

台湾では、結構日本語がちらほら見かけるんですが、微妙に間違えているんですよね(笑)。



そして、夕食を済ませ、閉店後のお化け屋敷へと戻りました。

そこで待っていたのは、我ら怪奇学校の○○子さんの誕生日を祝うサプライズです。



ケーキが突如現れ、台湾のスタッフの方達がみんなで誕生日を祝ってくれました。

台湾の方達って本当に優しくて最高なんですよ!!!!

誕生日は、大盛り上がりで、途中でクリームの塗り合いが始まって凄いことになってました(笑)。


そして、パーティーは、次の日帰国したのでした。

急に終わっちゃいますよぃ。


あっ、そういえば、1回目の台湾へ行った時に台湾から日本へ帰る時一人で帰国だったんです。

その時の久しぶりに焦ったエピソードを一つ。

1回目の台湾は、連日徹夜が続き、帰国前日は朝方6時まで仕事をしていました。

そして、その日の10時にハイヤーが迎えに来て、私は、そのハイヤーに乗り13時初の飛行機に乗る予定でした。

そして、疲れ切った私と幽霊さんは、朝方6時に就寝しました。

目ざましをセットせずに!!!。

そして、ドアのチャイムで目が覚め、「チャイムを鳴らしてるのは誰だよ!!!・・・・まさか・・・」と思い、時計を見てみるとなんと11時!!

ハイヤーに乗らなければいけない時間を1時間も寝過してしまったのです。

久しぶりに焦りました!!!

焦ったのは、何年ぶりでしょうか?ってぐらい久しぶりに焦りました。

10分で身支度をして、急いでハイヤーに乗りました。

飛行機に乗り遅れたらヤバイです。

冷静になれと自分で自分に心の中で話しかけ、空港に到着してからの手順をシュミレーションしました。

その時、私は、ハイヤーの中でこう思いました。

人が焦った時の底力がどんなものか記憶にとどめておくか!!なんて自分のことなのに他人事なことを考えてました。

空港に到着したのが、12:30.

出発まであと30分。

急いで搭乗手続きのロビーを探し、受付の落ち着いていて見るからに穏やかそうなお兄さんにパスポートとチケット用紙を渡しました。

少しパソコンのキーボードをカチャカチャしていると落ち着いた様子だったお兄さんが、スクッと立ち上がり、小走りで後ろの方へ!!

そして、4人くらい人を集めて、私のパスポートと紙を見せプチ会議をし初めてました。

その見るからに焦っているプチ会議の様子を見て、私の心も焦りが倍増されました(笑)。

ヤバイんじゃないのぉ!!と信憑性が高まります。

そして、小走りで戻ってきたお兄さんの表情には、もう落ち着きがありませんでした。

そして、中腰のまま「カタカタカタカタ!!!!!」と激しい音を鳴らしながらワープロを打ち込み、「43ゲートに行って下さい(日本語の出来る人だった)」と言われ、「あの〜荷物を預けたいんですが」というと、いつの間にかお兄さんの背後に配置されていたお姉さんがハイスピードで荷物の手続きをしてくれました。

そして、小走りで飛行機へ向かい、何とか間に合ったのでした。


焦った時の底力ってスゲ〜なぁ(受付のお兄さんがね)と思った帰国でした。

いやぁ、焦った(笑)。

ちなみに、一番焦った瞬間は、アパートでドアのベルで目が覚めてまさかと思い時計を見た瞬間が一番焦りました(笑)。

| obakeland | 海外進出(台湾) | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
台湾日記 OF THE ZOMBIE 「前半」
2010.08.19 Thursday 01:59
齊藤ゾンビです。

遅くなってしまいましたが、台湾に行った時の日記を書きます(二回目に行った時のです)。
海外は、今回の台湾が初めてだったので、とても良い刺激になりました。


まずは、成田空港に向かうところから書こうかな(そこからかよ)。

成田空港へは、最近開通したスカイライナーという電車を利用しました。

早くて安いが売りの一石二鳥の電車だそうです。

電車のホームもとても素敵でホームに癒されました。

そして、スカイライナーが来たところをパシャリ。




そして、すぐに成田空港へ到着し受付ロビーを探します。



二回目の飛行機なので、かなりすんなりいけました。

しかし、金属探知機のゲートをくぐる時は、とても緊張しますね。

悪いことも何もしてないのに「捕まったらどうしよう」と思ってしまいます。

空港での恐怖ポイントですね。


そして、搭乗手続きも無事済ませ、飛行機に乗り込みます。

やはり離陸する時の「ゴォォォォ〜〜!!!」という加速が恐怖を誘いますね。

飛行機の恐怖ポイントですね。


そして、無事空へと飛んで行くと窓からの眺めは綺麗ですね。

窓側の席だったので、外の景色がとても良く見れました。パシャリ



しかし、座席がとても狭かったので、途中でトイレに行こうとしても隣2つの席の方を通路に出させないと出れない空間だったので、トイレに行きたくならないように念じました。

恐怖ポイントですね。


そして、無事台北に到着し、空港の出入口へと向かい、迎えが来ているはずのハイヤーのおじちゃんを探しました。

よく空港で人の名前を書いて人を待っている人達が居ますよね?
そんな感じでハイヤーのおじちゃんも私の名前を書いて待っている訳です。

自分の名前のプレートを探すと「SAITO ZOMBIE」と書かれたプレートを発見!!

人間名でなく本名で書かれていたことに驚きつつ、ハイヤーのおじちゃんに連れられてホテルへと向かいました。


ホテルは、「東京の恐怖学園」お化け屋敷がある建物の上。

だから、ホテルからお化け屋敷に行くのにエレベーターを使うだけで一発で行けちゃうのです。

なんて凄い所に宿があるのでしょうか!!

そして、宿に荷物を置いてお化け屋敷へ。

地上の入り口



良い感じですね。

そして、お化け屋敷でいろいろとお仕事をしていたら、なんとお弁当を頂きました。



ここで頂くお弁当が凄くおいしくてかなり嬉しい展開でした!!

そして、通訳の方が嬉しい差し入れをくれました。

それは、台湾の果物で「龍の目」と言われている食べ物だそうです。



とても綺麗でしょ!!

味は、ライチに似ていてとてもおいしかったです。

でも、通訳さんの説明では、食べ過ぎると鼻血が出てしまうと言っていました。

一緒にいた○○子さんは、10個以上食べていたので、心配でしたが、大丈夫でした!!


そして、次の日は、通訳さんの案内で観光に行ってきました。

プライベートの時間を使って観光案内をしてくれたので、とてもうれしかったと共に感謝の気持ちでいっぱいです。

観光に行ったのは、私が凄く行きたいと話していた「九分」という場所です。

「九分」というのは、ジブリ作品の「千と千尋の神隠し」の舞台になった場所です。

映画の最初のシーンで千尋のお父さんが豚さんになってしまう商店街がありましたよね?
その舞台となった場所です。

まずは、そこに行くには、台北から汽車に乗って山のふもとに行きます。

そして、そこからバスに乗って山を登っていくんですが、このバスがヤバイ!!!



このバスは、本当にヤバイんです!!!

とにかく激しく揺れる揺れる!!その揺れは本当に凄いですよ!!!

遊園地のアトラクションか!!ってぐらい本当に激しく揺れるんです!!

台湾人の通訳さんも「この揺れは尋常じゃない!!」と驚いてました(笑)。

とにかく、本当に何かに強くしがみついていないと吹き飛びます!!

バスで恐怖ポイントに遭遇するとは思ってもみませんでした。


そして、バスに激しく揺られること10分、山の上に辿りつきました。

そこからの景色は、とても素敵でした。



そして、ちょっと進んで行くと商店街がズラッと出てきます。



山の中にいろんなお店が立ち並びとても不思議な感じでした。

その中のお店に立寄り、台湾の食べ物を満喫しました。



上の写真の上の方のは、台湾のデザート的なもので、甘い汁の中にいろんな味の白玉みたいなお餅を入れて、その上に砕いた氷を載せた食べ物です。

初めて食べるものでしたが、とてもおいしかったです。

日本でいうあんみつみたいな感じですかね。


そして、そして、進んで行くと、ついに「千と千尋の神隠し」の舞台になった場所へ到着しました。



何か雰囲気出てますよね。

結構、急な階段だったので、しかも雨が急にふりだし、恐怖ポイントになってしまいました。

階段から下っている時は、ちょっぴり怖かったです。


「後半へ」
| obakeland | 海外進出(台湾) | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
お化け屋敷内部公開します
2010.08.07 Saturday 01:27
平野幽霊です。

台北からまた戻ってきました。
東京台場の怪奇学校に戻って早速いろいろあって大変です。
休み?そんなもんありゃーせんよ。ふふ。
しかし今日だけで、3件はメディア関係からの連絡があり・・・あそっか昨日帰国って書いたからか!汗

ゴーストアイが怪しい動きをしたので生徒さん(ゲスト)に危険が及ぶ前に霊媒師に遠隔除霊をさせたりと大変な一日でした。

台北のお化け屋敷「東京恐怖學園」は第二クールに突入した模様です。
そう、人気につき延長したんです!!おかげさまでございます。

CMやってるみたいですよ。



えっ!!S級になるの!?聞いてないんですけど!!汗。

あ、もしかして今台北に行っている齊藤ゾンビさんが、SAITO∞REALを伝授しに行ってるのはそのためなのかな。それとも、パワーアップ「骨っこ」

〜説明しよう、「骨っこ」とはミッチャンをはじめゾンビ系のオバケがパワーアップするドーピング食べ物なのだ〜

を持っていったのかな?
とにかく。人気が出てよかった。齊藤ゾンビさん(それとデス子さん、シェリーさん)、よろしくお願いしますね!

・・・

あ。そろそろ、内部を公開しろって?

しょうがないですねー。では台湾のFACEBOOKで公式に公開されている写真ならお見せしてもいいでしょう。
まずは、並んで、チケットを買って、中に入ります。
すると、この鉄扉。



開けて中に入ると。・・・そうするとはい!
この通りかわいこちゃんのお出迎え!



って、この方たちは、お化けじゃないですよ。
案内のコたちです。はい普通のことですよね。ここは一歩入れば、生きた人間は少数派なわけですからね。

この先は、また機会があれば。

これだけひっぱってこれだけ?
はい、すみません!

じゃあ、これでどうだ!?



何言ってるかわかんね!!!

聞くんじゃない、読むんじゃない。
感じてください。

あ、怒らないで。
紹介してくれているブログを発見したのでご紹介しますから。

http://blog.goo.ne.jp/rtijapaneseblog/e/09ecd066316abbce4ba22bb692b0c4e3
| obakeland | 海外進出(台湾) | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
地下なのに炎天下の行列!!
2010.07.25 Sunday 10:38
平野幽霊です。

台北のお化け屋敷「東京恐怖學園」が凄いことになっています。



地下3階からずーーーっと行列が伸びて、炎天下の外までつながっています。ひいい。すげえ。

また8月に現地に行きます。楽しみです。

★台北駅前お化け屋敷「東京恐怖學園」



台北で開催のお化け屋敷「東京恐怖學園」のTV−CMです。
ホラープランナー幽霊ゾンビがプロデュースした日本式お化け屋敷で、探検、死人、死霊の3つの内容が楽しめるお化け屋敷になっています。死霊お化け屋敷では、新演出法「SAITO∞REAL方式」を搭載しています。
HP:http://www.ghoststory.com.tw/
ストーリー:孤独な少女「夜魅子」は唯一の話し相手だった祖母が収容された養老院へ向かいます。しかしそこは廃校を改造した場所でとても養老院とはいえない恐ろしい場所だったのです。少女と祖母の運命は?そしてその後の廃墟に向かった人たちの運命やいかに?
FACEBOOKでは、謎に迫るために調査を続ける人物が日記を更新中。。。
http://www.facebook.com/?sk=ff#!/pages/Taipei-Taiwan/dong-jing-kong-bu-xue-yuan/125259780842624?ref=ts&__a=13&ajaxpipe=1


★夏期限定お化け屋敷「ヤミコの呪い」

本家のこちらも好評いただいております!



お化け屋敷「台場怪奇学校」(東京都港区台場)、「浜松怪奇学校」(静岡県浜松市)にて開催。
ホラープランナー幽霊ゾンビがプロデュースし、幽霊感知ライト「ゴースト・アイ」と新演出法「SAITO∞REAL方式」を搭載したホラーアトラクションです。

日本にいる間に、赤坂サカスのリンカーンのお化け屋敷と、東京ドームシティの「足狩りの家」にも行かないと・・・。

さあ、今日もデックス東京ビーチで頑張りますです!

台北のレポート発見!!
http://blog.goo.ne.jp/rtijapaneseblog/e/09ecd066316abbce4ba22bb692b0c4e3#trackback-list
| obakeland | 海外進出(台湾) | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
帰国
2010.07.14 Wednesday 04:08
ただいま〜。
昨日、平野幽霊は日本へ帰ってまいりました。



無事にオープンしてよかったー。のっけから盛況なようです。



写真は、記者会見の時の写真。
左からBOSS(上山博樹プロデューサー)、ビビアン(女優)、小小彬(子役)、幽霊(私です)、RIO(大國翼星の社長)

本当は齊藤ゾンビさんと壇上に上がりたかった。日程の関係で日本チームは、私が最後のひとりだったんですよね。みんなOPENに立ち会えなくて、ゴメンネ。


帰りはビジネスクラスというご褒美付き。
今回の経験で私の中身もグレードアップしていればいいなあ。

雲の上はいつも晴天だから、どこへでも飛んでいきたい。
次はどこかな。

すべての存在に、ありがとう。


こちらがHPです!
http://www.ghoststory.com.tw/

| obakeland | 海外進出(台湾) | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/2 pages next→
ブログ内検索
プロフィール
最近の記事もどうぞ!
コメントありがとう
カテゴリー
アーカイブ
関連リンク集
Admin
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
★幽霊ゾンビの書いた本★
電子書籍「快楽怪奇譚」
¥525円

お化け屋敷のホラープランナーが
紡ぐ21話の読むお化け屋敷小説
★幽霊ゾンビの書いた本★

お台場のお化け屋敷の
ドタバタ青春実録エッセイ
恐怖よりも爆笑本と好評。
意外にビジネス書としても!
Mobile
qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM